依頼までの流れ|飲食店にピッタリの制服を用意するにはオリジナル製作がおすすめ

飲食店にピッタリの制服を用意するにはオリジナル製作がおすすめ

男の人

依頼までの流れ

洋服

絆を深め、思い出を形に残せるものとしてクラスtシャツがあります。体育祭や発表会などで着用するため、目的に応じてデザインを工夫できます。伝えたいメッセージがあればそれを大きくプリントしても良いですし、いくつかイベントが用意されているという場合であれば、その都度着用できるように参加者の名前と組名などをプリントするのもありでしょう。クラスtシャツを作りたいというときは、製作依頼の流れについて知っておくと、スムーズにオーダーができるでしょう。金額は枚数だけでなくデザインや選ぶ生地の素材によっても異なるので、そこも業者に確認する必要があります。クラスtシャツで選べる生地は速乾性のあるものや綿素材になっています。ベーシックなものを選び、デザインにこだわる人が多いのも確かです。そのため、業者を選ぶ際やどのようなインクを使ってどういった感じのプリントが可能なのか見てみると良いでしょう。ある程度業者が絞れたら、実際に電話を入れて相談します。枚数とデザインの原案を業者のホームページからデータ送信するか直接店舗に持って行き、見積もりを出してもらいます。納得のいく金額であれば、早速依頼しましょう。繁忙期や小さな業者であれば、納期が長くなることが予想されるため、なるべく早めに相談して依頼するか、電話相談のときに混み具合を確認して空いている業者を選ぶのも1つの手です。クラスtシャツはクラスの皆で着るものなので、サイズもいくつかオーダーするかと思います。在庫がなければその分納期が長引いてしまうため、はじめにしっかり確認しておきましょう。